家事の効率アップ!

ここがポイント!洗濯のコツ

洗濯

意外に効率的だと言われているのが、夜に洗濯をする方法です。
おふろの残り湯を使う方は、お風呂が終わってから…。使わない方はお風呂に入っている間に洗濯機を回し、眠る前に室内干しにします。
そして翌朝、天気が良ければ外に干し、雨であれば、そのまま室内干しにします。
夜の方が、忙しい朝より楽!という方も多いようです。

また、夜に洗濯物を干すのが、しんどい…という方は朝起床する時間に洗濯機が終わっている時間にタイマーをセットしておくのも、ひとつの手です。
そうすれば、起きればすぐに洗濯物を干し始められますし、時間の短縮になります。

また、洗濯機が回っている時間が長いと感じる方は、あまり汚れがひどくない場合には、スピードコースを使っても良いかもしれません。
電気代や水道代の節約にもなります!

洗濯物を干す

洗濯物を干すときにもいろいろとポイントがあるそうです。

これは、多くの方がしていることだと思いますが、洗濯物を物干しのところまでもっていくのに、何回も往復すると大変なので、大きな洗濯カゴにまとめて入れて持っていくと便利です。
また、洗濯物で、からまってしまったり、靴下が片方なかったりして、困ることありますよね。
そういった場合、いくつか洗濯ネットを用意し、こまごまとしたものは一緒に入れて洗い、ばらばらにしないようにするのも良い方法だそうです。

また、洗濯物を干すときの姿勢ですが、しゃがんでから立って干す…を繰り返すと負担になるので、洗濯物かごを物干しにかけて、立ってすべての洗濯物を干すと楽なようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る